電話でのお問い合わせはこちらから
Tel.03-5875-7212


招福猫児(まねきねこ)の由来を尋ねてきました(*^-^*)

マガジンハウスさんの雑誌「クロワッサン」2015年4月の特別編集号
「やっぱり、猫は不思議。」をバックナンバーで取り寄せました。
発売時は気が付かなかった〜。去年以前にも猫特集しているんですね。

ペラペラとめくっていると、東京・招き猫巡り・・の記事があり、
台東区の今戸神社と世田谷区の豪徳寺、ともに招き猫発祥の地と言われ
ているそうですが、学生時代に4年間も通過するだけだった「豪徳寺」

行ったことないなあ〜、幕末の大老・井伊直弼公の菩提寺で江戸時代の
住職の飼い猫「たま」を模した招き猫人形がこれでもかと奉納されている
らしく・・・行かねば、う〜ん、今でしょ?

15分後には会社を閉めて出発、最寄りの新小岩から新宿経由で京王線から
行ってみました。世田谷線にも乗ってみたかったし

昔のままの2両編成でしたが、車両はメチャメチャ新しいΣ(・□・;)


緑の車両はお役御免で展示されていました。

宮の坂駅で下車して徒歩5分、ありました。
セミが鳴く猛暑の午前10時半ですが、団体客もいてびっくり。

井伊家の墓石の周りは人があふれているので、まずは目的の招き猫〜
と、左手の赤い門をくぐり

絵馬? これも猫なのか?
鈴をならしてお参りした後で、ありました!

ば〜ん!!

ど〜ん!  そして、

どば〜ん!!

一糸乱れぬ手招きポーズで、同じ顔で、見られてる〜、

そして上段右端の「招福猫児5号」1体を買いました(*^-^*)
金ぴか小判もなくてデザインはシンプル。「発祥感バリバリのお顔」

彦ニャンのモデルになっているそうで、それも納得。
今度は今戸神社にも行ってきます!
 
 

コメント
コメントする








   

新着ブログ記事

カテゴリー別一覧

recent comment

ブログ内検索

others

mobile

qrcode




クラシヲ
〒124-0025 東京都葛飾区西新小岩4-41-10
Tel.03-5875-7212